car-2

交通事故で当て逃げされた場合の対処法としては、まず、警察に連絡しましょう。
当て逃げがわかったらすぐに、車の傷の大小にかかわらず、連絡して下さい。
時間が経ってからだと、警察に対応してもらえない場合がありますので、気をつけて下さい。

届けを出しておくと、自分が加害者を目撃していないとしても、後日、加害者が警察に出頭してくるかもしれませんし、
また、警察に届けを出しておくことで、目撃者の証言など、何かのきっかけで加害者が見つかるかもしれません。

警察に届けを出していないと、いくら自動車保険に加入していても、保険金を受け取れない場合もありますので注意して下さい。

当て逃げについては相手が特定できないので、自動車の損害については相手方の対物賠償保険で賠償を受けることは出来ません。
受け取れる保険金は、自分の加入している任意保険の車両保険からだけということになります。
後日、相手方が特定されれば相手方が対物賠償保険に加入していた場合、対物賠償保険の賠償金を受け取ることが可能です。

怪我をした場合ももちろん賠償金を請求できます。その際は交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

なぜなら賠償金には3つの基準があり、弁護士なら最も高い裁判基準で交渉できるからです。